持ち歩く地図としての使い方

地図の使い方として、大きな書籍版の地図や家庭や職場等に常備して使う方法もありますが、持ち歩いて使う方法が昔から使われてきました。

旅程を調べたり、観光名所を知るために使われる方法が、日本でも江戸時代から存在をしていました。

GoogleMapsAPIのプレミアム情報はこちらです。

近代になるに従って、持ち歩く地図も多様化をしてきて、山に行くための山岳図のようなものから町歩きのための都市図まで、現在でも多くの種類のものが活用されています。

そのため、地図愛好家というような人たちまで存在をしています。

実用的な使われ方から趣味的な使われ方まで様々の形の地図が存在しているため、持ち歩きに特化したようなものから装飾的に作られたものまでいろいろなものが存在をしています。


持ち歩くための使用法のものでは、見やすさと携帯性が相反します。
持ち歩くために便利なように小さくしたものは細かすぎて見にくく、見やすさを重視すると大きいために携帯性が損なわれることが書籍版の欠点でしたが、スマートホンのアプリでは、持ち歩きもしやすく、拡大や縮小も自在であるために見やすさを損なうこともありません。



その上、検索機能が付いているため、探したい場所を特定するのも簡単にできます。

図の表現方法も立体的に表現されることもあるので、見ているだけで楽しくなるものもあります。これに、乗り換え案内アプリを組み合わせることで、街歩きが非常に便利になります。

エキサイトニュース情報のご紹介です。

このような多様な機能を持った便利なアプリが、無料で使えるあるいは書籍版に比べて安価で使える利便性には大きなものがあります。